チューダー 買ってはいけない理由を徹底解説!失敗しないためのポイント

チュードル コピーを買うべきではない理由を徹底解説!

チューダーは、ロレックスの姉妹ブランドとして知られるスイスの高級時計メーカーです。ロレックスよりも手頃な価格で、スタイルと品質のバランスがとれた時計を提供しています。しかし、チューダーには考慮すべきいくつかの欠点があり、それらは購入を再考する理由となるかもしれません。

1. 限定的なコレクション

チューダーのコレクションはロレックスほど多様ではありません。象徴的なブラックベイシリーズやペラゴスシリーズなど、いくつかのコアモデルはありますが、多様な選択肢はありません。したがって、特定のスタイルや機能を必要とする場合は、チューダーではニーズを満たせない場合があります。

2. 二次市場での価値の低さ

チューダーの時計は一般的にロレックスの時計よりも二次市場での価値が低いです。これは、チューダーがロレックスほどコレクターに人気がないためです。そのため、チューダーの時計を購入しても、将来的にかなりの資産価値を得ることは期待できません。

3. ムーブメントの質

チューダーの時計は、自社製のムーブメントを搭載したものもありますが、ETAムーブメントも多数使用されています。ETAムーブメントは信頼性がありますが、高級時計市場で期待されるより標準的な性能です。ロレックスの時計は、一般的により高性能で正確な自社製ムーブメントを搭載しています。

4. ブランド認知度の低さ

チューダーはロレックスほど認知度が高くありません。そのため、チューダーの時計を着用しても、ロレックスの時計を着用するのと同じようなステータスや認識を得ることができない場合があります。

5. 投資としての価値

チューダーの時計を投資として購入することは、賢明な判断ではありません。前述したように、二次市場での価値が低い上、コレクションの多様性も限られています。したがって、長期的には価値の上昇を見ることは期待できません。

失敗しないためのポイント

チューダーの時計を購入する場合は、次の点を考慮してください。

– スタイルと機能を優先し、コレクションの限定性を認識する


– 二次市場での価値の低さを理解する
– ムーブメントの品質を確認し、ETAムーブメントと自社製ムーブメントの違いを理解する
– ブランド認知度が低いかもしれないことを考慮する
– 投資目的で購入しない

まとめ

チューダーは、スタイルと品質のバランスの取れた時計を提供する、尊敬に値する時計メーカーです。しかし、限定的なコレクション、二次市場での価値の低さ、ムーブメントの質など、購入前に考慮すべきいくつかの欠点があります。これらのポイントを認識し、チューダーの時計があなたのニーズと期待に応えるかどうかを慎重に検討することが重要です。

また、投資目的でチューダーの時計を購入することを考えている場合は、チューダーgmt投資に関する情報をよく調査することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です